家相と風水は実は違うもの

家を建てる時やリフォームするときなど、家相や風水を意識することもあるかもしれません。あまり興味がない方でもきっと言葉程度であれば聞いたことがあるものでしょう。
個人的にも聞いたことがあるといった程度の認識で、なんとなくどちらも同じものであると思っていました。しかし実は同じようで違う部分があるものであるということを最近知ったのです。
その違いを見てみるとなるほどと思う反面、いまいちわからないとも思ってしまいます。ひとまず風水は運気の上昇を考え、家相は幸せに過ごすための家造りを考えることといった程認識で良いのかなと思っています。いままで北東にトイレがあると良くないなどトイレに関する話は風水であると思っていましたが、実はそれは家相だったようです。
風水はすでにある家でも応用が可能ですが、家相は家を建ててしまった後に意識するのは難しいようです。家相を気にするのならば、家を建てる前にしっかりと考えるのが良いのかも知れませんね。

「家相と風水は実は違うもの」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です